水泡眼とワタシ

水泡眼5匹(銀・キャリコ・朱・紅白・黒)と和金5匹と琉金1匹の飼育日記を日々更新致します(予定)
<< シロちゃん、やすらかに・・・ | TOP | コメントがっっ!?(泣) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
金魚にとっての幸せ。
シロが死んで色々考えてみました


金魚の幸せってなんでしょう??



金魚に野生種はいません



緋フナなどを種の起源と考えれば昔はいたかもしれません
けれど、現在家庭で飼われているのは
純飼育魚といってよいでしょう

金魚の幸せ・・・

人間に飼われることでしょうか

一般的には飼育魚なのだから人に飼われるのが幸せなのでしょう。

けれど、私にはどうしてもそうと思えないときがあるんです。
狭い水槽を一日中行ったり来たり・・。
私が学校に行っている間、私がカラオケしているとき、仕事しているとき、ベース練習しているとき・・・
金魚たちはどこへ行くこともなく365日、24時間水槽の中です


それは、ホントに幸せなのでしょうか


では、自然の川や池にいる方が幸せでしょうか

金魚のような鮮やかな色彩はすぐに鳥類などの好標的となり食われてしまいます。
金魚は餌を人工的に与えられています。そんな彼らが餌を見つけられるでしょうか。たくさんの魚類・昆虫類などの生存競争に勝ち抜けるわけがありません。また、(たとえば金魚を自然の水域に放流したとして)その水域の生態系を大きく崩し結果的に多くの死滅する種がでる。
水質の変化、水温の変化・・・。耐えられるでしょうか?

答えはNOです




私は金魚が好きです

水泡眼をみると、心がふんわりして、やすらぎます

だけど、たまにぼんやりとそんなことをかんがえてしまいます。


で、結論をいうと。

彼らが私たちに与えてくれるものよりもっともっと金魚に与えてあげよう。
できることはすべてしてあげよう。


彼らは私が唯一家族と呼べる存在かもしれません。(私は家族と不仲なもので)

GIVE&TAKEとかではないのです。

純粋に彼らになにかしてあげたい・・・

そういう気持ちです

結局私には金魚の気持ちはわからないけど

そんなふうにおもいました。




| 金魚的論議 | 22:34 | comments(1) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 22:34 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
この前はコメントどうもありがとう!
名前にリンクがあったので遊びにきました〜素敵なブログだね♪

シロちゃんのことはとても残念だったね..
私もそういう時はしばらく立ち直れない。でもきっとあなたに飼われて可愛がってもらえて幸せだったと思うよ!

金魚は人が作った生き物だから野生にはなれないんだよね。(和金は別かも)
私も彼らはこんな狭い水槽で幸せなのかなって思うことがある。

でも金魚のほとんどは、生を受けたのに質が悪いからって間引かれたり、
管理の悪い金魚屋で☆になったりしてる。

そう考えると、人に気に入られて買われ、大事に可愛がってもらえるのが
金魚にとって幸せなんじゃないのかな..

水質に充分気をつけて、また毎日餌をあげたり、話し掛けたり(←人には見られたくない><)していくうちに自然となついてきて、ちょっとうれしかったりするよ。癒されるというか。

今梅雨で不安定な時期だから、水質が悪化しないように気をつけましょ!

長々とすみません。また遊びにきま〜す!
| kala_puku | 2006/07/14 12:19 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blushcrimson.jugem.jp/trackback/8
トラックバック